事務系資格

事務系資格でおすすめの簿記を取得する方法は?【就職転職で根強い人気】

簿記資格の取得方法は?

簿記資格は、主に資金管理や税金の申告といった経理を担うのに、必要なスキルが備わっていることを証明する資格です。

 

社会的な認知度も高いので、事務職への就職を目指す上では取得しておいたほうがよいと言えます。

 

簿記資格には、各地の商工会議所が主催する公的資格である日商簿記が最もポピュラーです。

 

最も易しい4級から、難易度の高い1級まで4つのレベルに分けられています。

 

 

資格取得方法としては、4級3級レベルなら独学でも、十分合格に達する試験対策は可能だと言われています。

 

試験を実施する商工会議所から、過去問題集や予想模試問題集、テキストなどが出版されており、ネットや書店で購入できるので、独学に必要な試験にマッチしたテキストや問題集は入手しやすいと言えます。

 

 

ただ、2級や1級を目指すとなると難易度もぐっと上がるので、スクールを利用したほうが効率よく勉強が進められます。

 

数あるスクールの中でも、大原簿記専門学校は、全国に教室展開しており、授業やテキストも充実していて簿記試験対策では評判の高く、かつ欠席フォローなどのサポート体制も万全なので人気があります。

 

 

更に、LECリーガルマインドやTACなども全国各地に教室があり、簿記資格試験合格者を多数輩出しているということが人気が高まっています。

 

また、スクールに通うだけの時間的、経済的余裕がないという人なら通信講座の受講がおすすめです。

 

簿記資格の通信講座では、見やすいテキストと充実したサポート体制が評判の、ユーキャンやニチイなどが人気があります。


ランキング画像

 


ホーム RSS購読 サイトマップ