事務系資格

事務系資格の調剤事務を取得するには?【通信講座スクールが効率いい?】

調剤事務資格の取得方法は?

調剤事務というのは、調剤薬局で薬の調合や処方を行う薬剤師のサポートをする形で、事務全般を請け負う仕事です。

 

近年医薬分業が進み、病院とは別に調剤薬局を設ける病院が増えたので、それに伴い調剤事務が活躍する場も広がりました。

 

調剤事務は専門性の高い事務職なので、就職を目指すなら資格取得しておいたほうが有利です。

 

調剤事務に関する資格は、ほとんどが民間資格であり、技能認定振興協会認定の調剤事務管理士や、NPO法人医療福祉情報実務能力協会認定の調剤事務実務士などが有名であり、合格率も高いので取得しやすい資格だと言えます。

 

 

取得したい資格をまずは決めてから、取得を目指し試験に対応した問題集や参考書を購入して、独学で勉強するという方法もあります。

 

独学は費用が抑えられるし、自分で勉強スケジュールを決めてマイペースで勉強を進めることができます。

 

ただ、調剤事務は一般事務と違って専門用語も多いので、理解に苦しむ人もいます。

 

 

また、資格に即した通信講座を受講したり、専門のスクールに通って勉強するという方法もあります。

 

通信講座の場合は、テキストや問題集を選ぶ手間も省けるし、自宅で空いた時間を有効的に使って勉強ができます。

 

そしてスクールに通えば、学費はかかりますが、試験対策が万全なのはもちろん実務に役立つスキルが身につきやすい、疑問点がすぐに解決できるなどのメリットがあります。

 

時間的にも金銭的にも余裕があれば、スクールに通ったほうが効率よく勉強できるので、試験合格への近道になると言えます。


ランキング画像

 


ホーム RSS購読 サイトマップ