事務系資格

介護事務のおすすめ取得方法は?独学で出来る?【人気が高い事務系資格】

介護事務資格の取得方法は?

介護事務は介護に関する手続き全般を担いますが、特に介護保険制度に基づき、介護サービスの費用のうち国や自治体などが負担する分を請求する、介護報酬請求業務を行う専門性の高い事務職です。

 

そのため、資格を取得していないと就職しづらい仕事なので、就職活動を始める前に資格取得しておいたほうがよいと言えます。

 

介護事務の資格といって種類が豊富で、介護事務実務士のように指定のカリキュラムを履修すれば、試験なしで自動的に資格が取得できるものもあります。

 

 

まずは、自分がどの資格にチャレンジするのか、を決めることから始めましょう。

 

ケアクラーク技能検定試験は知名度は高いですが、合格率が低いので少々難易度の高い資格です。

 

また、介護保険士や介護事務管理士などは、指定のカリキュラムを履修した後に試験が行われますが、試験内容もカリキュラムに即したものとなっているので、比較的取得しやすい資格だと言えます。

 

介護事務の場合は、指定のカリキュラム履修が受験の要件となっている資格が多いし、専門性が高いので、独学よりはスクールに通ったり、通信講座を受講して試験対策を行うほうがよいと言えます。

 

 

ただ、実務経験が受験要件となっている資格の場合は、実務経験があってテキストや問題集が手に入れば、独学でも試験対策できないことはありません。

 

取得を目指す資格を決めたら、当該資格取得のためのカリキュラムを実施しているスクールや通信講座のうち、自分が通えそうなところやサポート体制が充実しているところ、テキストの内容や授業料受講料などを比較して、自分にあったところを選びましょう。


ランキング画像

 


ホーム RSS購読 サイトマップ