大学生がカジノで大金を手にいれた実話の映画ってなんだっけ?

「ラスベガスをぶっつぶせ」という映画は、2008年にアメリカで製作されました。
この映画の監督は、ロバート・ルケティックです。
主演は、ジム・スタージェスです。
この映画のあらすじは、天才的な数学の才能を利用したアメリカのマサチューセッツ工科大学に通う大学生たちが、カジノで大金を稼いだという実話をもとにした映画です。
ある日、主人公のベンは、並外れた数学的資質を教授に見込まれ、ブラックジャックの必勝法を編み出した転載学生チームに誘われます。
彼は、その仲間たちと日々研究と検証を重ね、卓越した頭脳で、そのチームワークを駆使して、ラスベガスのカジノに挑みます。
そして、大金を手に入れます。
この映画は、主人公のキャラクターがとても興味深いというのが最大の見所です。
ベンは、大学生という未熟な若者ですが、映画がすすむにつれて、それが少しずつ成長していく様子がよくわかり、人生の急流すべり的なアトラクション感が最高におもしろいです。