看護師の平均年収はどのくらい?再就職で年収はアップする?

日本にいる看護師の年収は平均して437万円ほどです。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院の看護師は、公務員とされているため、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員として勤務している看護師は給与の上がる率も民間病院に比べて高く、福利厚生もより充実しています。
准看護師のケースは、看護師と比べて平均年収が70万円ほど低いです。
昔は看護師が男性の場合に限って、士という漢字を使っていました。
ですが、現在は男の場合でも女の場合でも、看護師という職業に従事しているならば、師と言う漢字を使うことになっています。
看護師、看護士を同時に使用していると、曖昧で分かり辛いので、統一されたと思われます。
早い時期に、辞める看護師はけっこうたくさんいます。
女性が多く、人間関係が悪くなりやすく、看護師は再就職が難しくないことが関係しているのです。
看護師以外の仕事に比べると、看護師は再就職が容易ですから、理想の労働条件とあまりにも違っているようなら、躊躇なく辞め、もっといい病院に転職する人も少なくはありません。

小児科クリニックへの看護師転職は大変?【家庭との両立可能?】