光ファイバー契約に関するトラブルが増加しています

あまり有名ではないワイモバイルの場合、解約する際に発生する解約金を安めにしたり、契約の期間を縮めたりしてお試し期間を利用するようにすれば、契約の回数が増えていくと思われます。
安さに魅力を感じていても、1年以上の契約の期間があっては、すぐに契約に踏み出せないものです。
近年になって、光ファイバーの業者の人が高齢の方が住むお宅を訪問し、勧誘を強引に行ったり、判断力の劣りつつある高齢者を口先でうまく言いくるめて契約をさせるなど、光ファイバーの契約に関わるトラブルが多くなってきています。
この事態を深刻にみて、総務省では契約から8日以内であれば解約が行える光ファイバー契約に関しクーリングオフ制度を2015年に導入する方針を明白にしました。
ひと月ごとに請求される光の金額は決まった金額を差し引かれているため、それほど意識することがないかもしれませんが、携帯などの通信料金と合わせて考えると、毎月かなりの代金を通信費用として納めています。
いくつか存在する通信料金プランの中からちょっとでも安いプランで契約を締結したいものです。
プロバイダを選んだ後、契約を行う際、最低限の利用期間を設けているプロバイダがたくさんあります。
キャンペーン特典だけ貰って、すぐに解約をされたり、他に乗り換えられることのないように違約金を掲げているのです。
もしも、途中で解約をする場合には、違約金に関してよく確認を取ってから手続きしていった方がいいでしょう。

光ファイバーでテレビが映る?フレッツテレビ【地デジ・アンテナ対策】