資格がたくさんある方が転職活動に有利になるの?

普通、転職する際に、資格の中でも有利だと思われているものに中小企業診断士をあげることができます。
中小企業診断士の資格があれば、経営に関する知識を証明することができるので、その会社にとって貴重な存在であると認めさせることができます。
法律をよく知る行政書士やお金の専門家であるファイナンシャルプランナーも、仕事を変わる際に有利になるでしょう。
中小企業は様々な経営上の課題を抱えていますから、中小企業診断士の資格を持っていれば、転職する場合にも無駄にはならないでしょう。
中小企業診断士という資格は、中小企業が有している問題を診断、解決したり、経営上のアドバイスをする専門家であって、経営コンサルタントと同じような役割だと理解して間違いありません。
正社員に受からない理由は、本人の意識にあるでしょう。
その会社に入社したら、どんなことを達成したいのか、どんな風になりたいかがちゃんと決まっていないため、具体的に志望動機を述べられず、面接でもアピールできないのでしょう。
反対に、やりたいと強く思える仕事が見つかって、情熱が伝わったなら学歴により、差が生じるかもしれませんが、正社員として受かる確率は高くなるでしょう。
書類選考や面接において転職理由は非常に大事です。
相手が認める事情でなければ低い評価となってしまいます。
しかし、転職理由を聞かれた場合上手く説明できない人も多いでしょう。
ほとんどの人が履歴書を作成する時や面接を受ける時に、苦労するのはこの転職理由です。